ファイナンシャルプランナー(FP)は女性にもできる、いやむしろ女性に向いた仕事!

不景気が続いていたので、最近まで就職に悩んだ人は多かったですよね。女性の場合も、年齢を問わず相当苦しんだ人たちがいたはずです。女性の場合、男性とはまた違った条件があるものですが、そんな中で多くの女性におすすめできるのが「FP」だと思うんですよね。実際、私のようなお金にルーズだった女でもできるのですから、FPはホント女性に向いている資格じゃないでしょうか? 

私は通信講座で受かったクチですけど、この前知り合った同業の女性は通学講座を使っていたそうです。学校に通っていて気付いたことといえば、「ほかの資格の教室と比べて、FPの通学者は女性がけっこう多いこと」だったとか。

FPで取り扱うのって、結局お金のことですよね。特に何のキャリアを積んでいなくても女性はお金を扱う機会が多いはず。早めに結婚して主婦になって、社会から離れた人たちだって、家計を預かる身になるじゃないですか? 結局、FPの仕事内容は女性と縁が深い内容ばかりなんですよ。

それともう1点。FPの仕事って、基本的に知識と経験を使うものです。デスクワークやお客さんと会って話すことが中心ですね。そうなると、体力や腕力は関係ありません。だから、男性と比べて不利になる要素もないんです。

それに、私もFPの仕事と出会えたことで自分のだらしない生活を見直すチャンスを持てたんです。無駄遣いを繰り返す女性っていっぱいいますけど、そういう女性にしてもFPの仕事と出会って勉強したら、だいぶ変わるんじゃないでしょうか?