新卒採用を乗り切りたい学生向けの助言

FPを受ける人って、まあいろんな人がいますよね。男性も女性もいるし。20代から50代まで、受験会場とか模試の会場とか行くと、いろんな人と教室や廊下ですれ違います。

ま、サラリーマンやOLもいるんですけど、学生さんもいるんですね。あまり多くはないかな? でも、二十歳くらいの子もいるんですよね。若いうちから、将来に備えてFPを取ろうなんてたいした心がけですねー。

大学生や短大生とか、専門学校生だったら、まあ社会人の経験がないんですから新卒採用でFPになることを狙ってる人も多いんだと思います。FPって人気の資格だから、FPになって働く気がない人も受けるんだけど(新卒の就活だと、履歴書に書ける資格って大事だから!)。

まあFPになりたい学生さんは、早めに受けないとダメですよね。今の新卒採用の就職戦線ってはじまるのが超早いじゃないですか? その前に受かってないと、履歴書に書きたくても書けないモノね。
4年生だったら、3年生の秋くらいまでに受かるのがベストじゃないでしょうかね。短大生だともっとたいへんだけど。

4年制の大学生なら、2年生になったら勉強をはじめてもいいかもしれないですね。2年生が終わるまでに受かったらラッキー、失敗があっても3年生の途中で受かりそうじゃないですか?
まあ、遅くても3年生になってすぐ勉強することですね。要領よく勉強すれば4ヶ月くらいでFP2級とAFPを取得できます。そうすれば、新卒の就職活動の最初から「FP持ってます!」ってアピールできます。内定のゲットが近くなりますよ、きっと。