ファイナンシャルプランナー(FP)3級を受けずに
2級に合格する方法

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格と年収について書いてきましたが、「2級ファイナンシャルプランニング技能士(2級FP技能士)」を対象にしています。ファイナンシャルプランナー(FP)というのはよく耳にすると思いますが、
種類があるのです。

国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士(FP技能士)は、1級、2級、3級があります。それから、民間資格でAFPとCFPという資格があります。いずれも、ファイナンシャルプランナー(FP)と呼んでいます。
一般の人から見ると同じでしょうが、ビジネスの場では差があります。
細かい説明は省略しますが、ビジネスで力を発揮するのは
2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP技能士)です。
3級では入門的な知識しか身につかないので、力が弱いのです。

難易度的に見て、2級FP技能士の一発合格を狙うことができます。
3級合格後に2級という人もいますが、できれば時間をかけずに
2級を取ってしまいたいですよね。はい、可能です!
わたしは3級をとらずに2級を取りました。

2級FP技能士の試験では、受検資格が必要です。
①実務経験2年以上か、②3級合格者か、③AFP認定研修を修了するか、
いずれかひとつに当てはまらないと試験が受けられません。
①の人は別として、2級の一発合格を狙うなら③のAFP認定研修を受けます。
もっとも短期間で2級FP技能士を取得できます!

AFP認定研修とは、日本FP協会が認定した教育機関のFP講座を受講して修了し、提案書を提出することです。
シンプルに言えば、認定を受けている資格の学校や通信講座を受講すれば
よいのです。
わたしはフォーサイトの通信講座を受講しました。FPの友達の紹介です。
フォーサイトのほか、大手の教育機関では認定になっているところが
いくつかあります。

独学でやりたいと考える人もいるかもしれませんが、2級は結構難しいです。
受検資格のことだけではなく、教育機関を利用することをおすすめします。
短期合格を狙うならなおのことです。

ちなみに、AFP認定研修を修了すると(認定教育機関の講座を受講すると)、
2級FP技能士の試験合格後にAFPの資格も得られます(登録制)。
つまり、一回の試験で、2級FP技能士とAFPの二つのライセンスが
得られるのです。多くの人がこの方法で資格を取っています。