ファイナンシャルプランナー(FP)ダブルライセンスで
更に飛躍する年収

実は、社労士の勉強をしています。
ファイナンシャルプランナー(FP)とは一見関係ないような感じが
するかもしれませんが、わたしたちの生活を取り巻く環境として
社会保険の存在は大きなものです。
うまくダブルライセンスとなれば、業務拡大させたいと考えています!

ファイナンシャルプランナー(FP)は、違うページでご紹介したとおり、
そんなに難しい試験ではありません。
もう少しハイレベルな資格をとって、他社との差別化をしていきたいと
考えています。
今は仕事がありますが、将来的にも自分で事業を続けていくには、そして、
よりたくさん稼ぐためには、みんなと同じことをしていてはだめなのです!

わたしと同じような考え方で起業されている方は、たくさんいらっしゃいます。
組み合わせとしては、宅建+FP、中小企業診断士+FP、税理士+FP、
行政書士+FP等々です。
ファイナンシャルプランナー(FP)の知識は、どんな分野にも少なからず関連があり、どんな分野ともマッチングできますから、事業の可能性が広がりますね。
まだ将来が見えていなくても、ファイナンシャルプランナー(FP)をやりながら、顧客のニーズなどをみて考えていくとよいのではないでしょうか。

わたしの知り合いで、このようなダブルライセンスビジネスをしている人が
2人います。ひとりは、宅建+FPです。
住居は、生活の大きな要素のひとつであり、
ファイナンシャルプランの中核をなします。当然つながりがあります。
もう一人は、中小企業診断士+FPです。
コンサルティング業務をメインにしていますが、日本は中小企業が多いため、
FPの知識も役立つそうです。

わたしもまだ勉強中なので確実なことはいえませんが、ダブルライセンス
となれば、仕事の領域が増えるだけではなく、信用も増します。
自営業では“信用”というのは大変重要です。
もちろんファイナンシャルプランナー(FP)だけでも食べてはいけるので、
もっと先で検討してもよいのだと思います。

資格の勉強は、はじめちょっとした好奇心から始めたのですが、
意外とはまってしまいました。
ダブルライセンスについては、はじめから必要だと思っていたわけでは
ありません。
顧客の相談を聞いているうちに思いついたのです。
ですから、皆さんもまずはファイナンシャルプランナー(FP)として
働いてみることをおすすめします。
実際にやってみないと、顧客のニーズはわかりませんからね。