ファイナンシャルプランナー(FP)と他の資格、
難易度と年収のバランスを検証!

ファイナンシャルプランナー(FP)の年収は、ずいぶんとあいまいな紹介に
なってしまいましたが、感じはつかんでいただけたでしょうか?
続いては、他の資格との比較で考えてみました。
もしかすると、これを読んでくださっている方の中には、
資格をとろうか迷っている方もいらっしゃるでしょう?

皆さんはどうして資格に興味をもたれたのでしょうか?独立したいから?
お金をたくさん稼ぎたいから?手に職をつけたいから?
いずれにしても、ファイナンシャルプランナー(FP)でなくてもよいですよね。
わたしのように、お金に興味があったのならともかく、
きっかけってなんでしょうね。

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事への興味の有無をはずして考えると・・
「資格取得が容易で、ある程度の高年収が見込める!」
ひとことで言うと、これがファイナンシャルプランナー(FP)を目指すメリットです。

弁護士、司法書士、税理士は、平均で年収800万円以上狙えるという人気の資格ですが、資格取得までの苦労が半端ではありません。
もちろん、ファイナンシャルプランナー(FP)試験の比ではありませんし、
何年もかかってたどり着く職業です。
資格を取るまでも大変ですが、独立後の経営については、
他のビジネスでも同じで、うまくいく人はいくし、いかない人はいきません。
なんだか少し敷居が高い感じがしてしまいます。

弁理士、社労士、行政書士なども最近人気を集めている資格です。
この中では弁理士の年収がもっとも高いといわれていて、高ければ800万円以上です。社労士と行政書士は、600万円くらいで、若干少ない感じがします。
といっても、一般的なOLよりはかなり高いです。
いずれも、弁護士、司法書士、税理士よりは易しい試験ですが、
ファイナンシャルプランナーに比べれば、何倍も難しい試験です。
試験も年に一度しかないので(FP試験は年3回)、
1年~2年程度かけて取得する人もたくさんいます。

医療事務や簿記なども、女性を中心に人気がありますよね。
こちらは、ファイナンシャルプランナーよりも簡単(もしくは同程度)に
資格を取れると思います。
ですがこの二つは、独立開業はできませんし、
企業の特定の仕事しかできませんし、お給料も決してよくありません。
平均がどれくらいかはわかりませんが、普通のOLと同じくらいでしょう。
どちらかといえば、積極的に稼ぐというよりも、
結婚後にパートに出やすいなどのメリットがありそうです。