ファイナンシャルプランナー(FP)年収はどれくらい?

ファイナンシャルプランナーの資格は、ある程度高年収を見込めます。
トップページでは、わたしのFPになったきっかけと、
ファイナンシャルプランナーFPになってから自らの家計の管理ができるように
なったことをお伝えしたわけですが、
少ない収入をやりくりしただけではなく、たくさん稼いでもいるのです。

ファイナンシャルプランナー(FP)は、かなりつぶしのきく資格だと言えます。
独立・開業することができ、企業へ就職することもでき、副業もできます。
わたしは、独立していますが、企業で働いているFPの友人もたくさんいます。

独立・開業した場合の年収はどれくらいかというと、
多い人では1000万円以上稼ぐ人がいます。
でも、残念なことに、ファイナンシャルプランナー(FP)だけでは
生計を立てられない人もいるそうです。
資格は試験にさえ受かれば誰でも取得できますが、
それと事業の成功は別問題なのです。
独立後数年のうちに年収600万円を超えることができればよいほうだと
思います。

独立後の年収を左右するのは、仕事をとってこられるかどうかです。
つまり営業力が大きく影響します。
知り合いの紹介やホームページでの集客が現実的です。
ファイナンシャルプランの知識が必要とされる場面はたくさんあるので、
どの分野で事業を行うかが重要です。たとえば、
保険の代理店や不動産購入のアドバイザーなど、何かに特化して起業します。

就職する場合は、金融関係や住宅関連企業へのケースが多くなります。
ただし、銀行は入社後みんなファイナンシャルプランナー(FP)の資格を
取るため、持っていて当然という感じになります。
最近の主な求人を見ると、保険会社と不動産会社が多いようです。
年収は、300万円~400万円のスタートのようなので、
普通よりは少しよいですね。

有名保険会社の求人では、“4年でマネージャークラス年収700万円を
目指せる”というのがありました。
がんばり次第だとは思いますが、可能性が広がっています。
また、不動産会社は、宅建の資格を合わせて持っていると
より高年収が狙えそうです。
いずれにしても、サラリーマンで700万円稼ぐことができるなら、
独立しなくてもよいと思う人もいるのではないでしょうか?

最後におまけで、副業の話をひとつご紹介します。
わたしが資格を取った直後、友人に紹介されたのがライターの仕事です。
ファイナンシャルプランナーの知識を生かして、
保険の選び方や資産運用の方法などの記事を書いていました。
友人は銀行員で、副業としていたのですが、
忙しくなったためにわたしが引き継いだのです。
ほかにどんな副業があるのか詳しくわかりませんが、ファイナンシャルプランナーの知識ってお金になるんだなあと思った瞬間でした。